人気ブログランキング |

<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

鶴彬   

    「だから、鶴彬」より

都会から帰る女工と見れば病む

ふるさとは病と一しょに帰るとこ


玉の井に模範女工のなれの果て

ざん壕で読む妹を売る手紙

産卵せねばしめ殺す手で餌をあてがわれ

 
万歳とあげて行った手を大陸へおいて来た

手と足をもいだ丸太にしてかへし

by kanitachibana | 2014-02-15 17:06 | Trackback | Comments(0)

無援の抒情 (道浦母都子)   


 無援の抒情 (道浦母都子)より

 許されし二枚の毛布にくるまりて眠れど房の冷え果てしなき

 父母が会われぬままに帰りぬと知りてしばしを救われていつ

 ほの暗き房より出でて見る世界輝くまでに街照りていつ



 釈放されて帰りしわれの頬を打つ父よあなたこそ起たねばならぬ
 振るわるる楯より深くわれを打つ父の怒りのこぶしに耐うる

by kanitachibana | 2014-02-02 18:44 | 短歌 | Trackback | Comments(0)

無援の抒情 (道浦母都子)   


 ガス弾の匂い残れる黒髪を洗い梳かして君に逢いゆく

  本日「無援の抒情」(道浦母都子)を読む。
  この本が上梓されたのは1980年というから、なんともう34年も前の本である。

  歌人道浦は1947年生まれ。33歳のころの作であろうか。
  学生運動の盛んな時代を過ごした作家が、10年という時を経てのちの歌である。
  客観的に自分を見つめられるようになってから、その当時の自分に身を置いて作りあげたものであろう。

  祭りとその後のなんとも言えぬ寂しさが伝わってくる。


 迫りくる楯怯えつつ怯えつつ確かめている私の実在

 「今日生きねば明日生きられぬ」という言葉想いて激しきジグザグにいる

 内ゲバに追われ学園去りし日もわれを映しぬ雨のキャンパス

 リンチ受くる少女のかたえを通るときおし黙りおり啞者のごとくに 

 姉に似しわれなれば雨の隊列にいるなといいて去りし少年

 サングラスかけねば見えぬ青春とテロあこがれる少年はいう

 わが縫いし旗を鋭く震わせて反戦デーの朝を風吹く

by kanitachibana | 2014-02-02 18:21 | 短歌 | Trackback | Comments(0)